クレアチニンは糖尿病性腎症にも関係がある

日々のご飯ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、どのようにして献立を考えたらよいか、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。治療用特殊食品の使用は、低たんぱくご飯療法の基本となりますので、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。一日における排泄物を検査し計算をします。尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、たんぱく質や食塩の摂取量を掌握します。腎臓病を発症した方の行うご飯療法の趣意は、腎臓病を極力進行させない事と、健康状態の維持になります。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、ご飯療法によって腎不全の進行をスローペースにし、透析を要する時期を極力遅く出来るはずです。この他、透析を要する状況となっても、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、ご飯療法は重要視されます。薬物療法とご飯療法がCKD治療の要となり、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。ご飯療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、高血圧治療を容易にするには減塩食がふさわしく、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、日本人が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比較するとだいたい半分になるために、いわゆる蛋白制限食は不味い、カロリー摂取が満たされないなどで、実施困難な方を多く見うけます。体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に少なからず腎臓に負担が出ます。そのため、たんぱく質の制限が必要となります。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分で現すと30~40g程になります。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を含んだご飯をつくる場合、細かく切り分けて茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行ないましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、食材の品目や調理時の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、加えて搾る作業を行う事で、カリウムは減らしていけます。近年、腎臓の働きが悪くなる方が増加し問題となっているんです。背中に二つ存在する腎臓で尿がつくられ体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、たいへん重要な働きを私立ちの体の中で行っています。腎臓の治療は持ちろん病院にきて似つかわしい治療をうけることも先決ですが、普段から、規則正しいご飯や生活を送ることが必須です。慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明白に改善することは少ないので、徐々にカリウム排泄能力が低下していく事が多く、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、カリウム摂取を減らす必要があります。濃縮加工した野菜ジュース(飲みやすいように果物を混ぜることもあります)は、生のままの野菜や果物と比較すると大概はカリウム含有量が非常に高いです。そのため、腎機能障害のある患者さんが、普段からよく野菜ジュース(飲みやすいように果物を混ぜることもあります)を飲んでいると、さらに高カリウム血症の症状が顕れる恐れがあります。。ご飯で摂取したたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、いくらかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓に流れて分離された末、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、全く摂らない理由にはいけません。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘い味付けの食べ物には思ったより数多くのたんぱく質が含まれているのです。オヤツには豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個と同量くらいのたんぱく質が含有されています。たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。それぞれの食品に含まれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表でしらべてみるとよいでしょう。これらのご飯療法については、栄養士からのご飯指導で自分なりのアイデアを取り入れることも可能です。開業医さんでご飯指導をうけられないときは、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介してもらい、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。こちらもどうぞ>>>>>クレアチニン 下げる