クレアギニンEXでクレアチニンは下げることができるのか

徹底した食事療法を手掛ければ腎臓病に罹っていても、毒素や老廃物が排出されやすい体となっていきます。老廃物が蓄積されなくなば尿毒症を予防し、腎臓病の進行を遅らせることが出来ます。非常にうまくいくと、腎臓病が進行しなくなったと言ってもいい程遅らせられるケースもあったりします。食事療法は難しいと思われがちですが、決して制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法は、患者自身が自ら積極的に取り組める最善の手法になります。腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため血流が悪くなり、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。加えて尿と共に排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、増加する事態になります。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症の元凶となったり、ナトリウムの増加で高血圧を併発する可能性が上がります。故に的確な食事療法を設けて、一定の水分・塩分・蛋白質・エネルギーを常にキープする事が入り用なのです。クレアチニンは筋肉中に存在している物質から作り出される老廃物で、腎臓でろ過されたあと尿と合わせて体外へ除去される成分です。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。ですので、高めの数値が出るのは大抵男性だったりします。筋肉量が少なくなれば、当然クレアチニンの数値も下がります。また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニンの度量が多くなるため、クレアチニン値が低くなります。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘い食べ物に関しても案外たんぱく質が多く入っているのです。お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。例えば、ショートケーキひとつには卵1個に近いたんぱく質が内包されています。浮腫が目立ったり尿量があまりにも少ない場合は、塩分に加えて水分の調整も必要になります。制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品内に入っている全ての水分と捉えます。浮腫の程度が軽かったり存在しないのであれば塩分の制限のみで済みます。こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量を元に医師が決定します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なので独断で制限を行う事は危険です。人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質については性質上分解されると約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負担を与えてしまいます。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日分で現すと30~40g程になります。腎臓病でお困りの方に適した、低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。食事管理を続けていく上でこうした食品は不可欠でしょう。腎臓の機能が低下するにつれ、今よりも力を入れて食事を調整する必要が出てきます。更に、糖尿病の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー量にも制限が生じます。独断で食事プランを立てずに、栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしましょう。食事を元にして得たたんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。血液は腎臓中で分解されて、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓に与える負荷が増してしまいます。腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、不足しないように補給する必要があります。腎臓病における食事療法の意味合いは、腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、健康状態の維持になります。透析導入前の保存期の方であれば、食事療法を手掛ける事で腎不全の進行ペースを抑えられ、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。実際に透析が必要となってからも、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、食事療法は必須なのです。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、食品の分類や調理を実行する際の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、搾るようにすると、より多く除去できます。
あわせて読むとおすすめ>>>>>クレアギニンEX クレアチニン