介護食は病気による食事制限も考慮しないといけない

人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質に限っては分解されても7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に少なからず腎臓に負担が出ます。それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分で言えば30~40gに相当します。嚥下障害の介護食療法が上手くいくと、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、嚥下障害の悪化を極力抑える事ができるのです。すさまじくの精度で効力が発揮されれば、嚥下障害の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせられるようになるでしょう。介護食療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。介護食療法と言うのは、患者が自主的に手掛けられる最善の治療方法です。クレアチニンは筋肉中に存在している物質からつくり出される老廃物で、腎臓に達してろ過された後尿と合わせて体外へ除去される成分です。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉量が少なくなれば、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニンの量が多くなるために、クレアチニン値が低くなるでしょう。嚥下障害が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、食材の硬さと水分の制限を設ける必要性が出てきます。この場合 飲み水だけではなく、食品自体が持つ全ての水分と考えます。嚥下障害自体が無い又は軽度の場合は制限が必要になるのは食材の硬さのみです。この場合の水分制限は病気の状態や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水になるとかえって腎臓の機能低下に繋がるので自分勝手な制限はしてはいけません。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘いものには意外に多くのたんぱく質が入っていたりします。オヤツには豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、たんぱく質の過剰摂取になるでしょう。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個相当のたんぱく質が入っています。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、その種類や調理するときの形状・水の量・処理時間によっても異なるでしょう。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。嚥下障害を発症すると肺の内部に影響が出て酸素の濾過作用が上手く行なわれず、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内で増加し始めます。こうした状況下になると、窒素が血液中で増加し、尿毒症を発生させる要因となったり、ナトリウムの増加で高血圧を併発する可能性が上がります。ですから適正な介護食療法を行ない、水分・食材の硬さ・蛋白質・エネルギーについて一定値摂りつづける必要があります。介護食をして摂り入れたたんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。血液は腎臓に流れて分離された末、老廃物は尿として排泄されます。過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を損なわないためにも、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、一定値は摂取しないといけません。嚥下障害でお困りの方に適した、低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。このような商品を的確に用いる事が無理のない介護食管理に繋がります。腎臓の機能が低下するにつれ、今以上に考えて介護食を管理する必要があります。加えて、糖尿病の患者さんの場合血糖値を維持するに当たり、エネルギー量にも制限が生じます。独断で介護食プランを立てずに、専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。嚥下障害を患った方がおこなう介護食療法のポイントは、嚥下障害の進行ペースを遅くさせる事と、良好な体調の存続です。透析が必要無い保存期の間は、介護食療法をもとに腎不全が進行しないようにできますし、透析を要する時期を極力遅くできます。加えて、透析を始めても、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、介護食療法は必要不可欠です。
詳しく調べたい方はこちら⇒介護食宅配ランキング