腎臓病にクレアギニンEXが効くという話をよく聞くがどうなんだろう!?

食事によって獲得したたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓でろ過され、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓に与える負荷が増してしまいます。肝心要(かんじんかなめ)」という言葉がありますが、この言葉の語源は肝臓と心臓のような大切な臓器のように、物事には無視できない重要なものがあるのだ、という意味です。 心臓が止まれば生命活動はできませんし、肝臓は解毒作用がありますから、これも重要な臓器といえます。 ですが現代人にとっては、「肝心要」ではなく「肝腎要」ではないかと思うのです。 そのような意味から、腎臓病クレアギニンexには腎の底力という愛称をつけています。 正常な腎機能であるために、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大事な栄養素であるため、不足しないように補給する必要があります。腎臓病の人のために低たんぱくの特殊食品があります。食事管理をつづけていく上でこうした食品は不可欠でしょう。腎臓機能が落ち込む程に、今以上に考えて食事を制限しないといけません。加えて、糖尿病の患者さんの場合血糖値を維持するに当たり、エネルギー制限も追加されるのです。食事内容は自己流で判断せずに、医師や栄養士の力を借りて決定するようにしてください。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺に居座りつづけることはありませんが、たんぱく質の場合分離されれば約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負荷が及びます。そのため、たんぱく質の制限が必要となります。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日換算で約30g~40gです。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘い食べ物の場合でも意外な事に多量のたんぱく質が入っています。オヤツの種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個程のたんぱく質が含有されています。クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓に行き分離された後尿中に排出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量と密接に関わってきます。なので、通常男性の方が高めの数値になりました。筋肉の量が低下すれば、合わせてクレアチニンの数量も減るりゆうです。その他で言うと、妊娠時には、尿といっしょに出されるクレアチニン量が飛躍するので、普段よりクレアチニンの値は減少します。腎臓病を患っていても食事療法が的確ならば、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物が無くなれば尿毒症を引き起こさず、腎臓病の悪化のペースを遅くできます。沿うとううまくいった場合、腎臓病の進行が止まっ立と言っていい程遅らせられるケースもあったりします。食事療法は難しいと思われがちですが、決して制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法は、患者自身が自ら積極的に手掛けられる最善の治療方法です。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を始めてください。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、使用する食品の種類や調理の際の形状・水の量・処理時間によっても異なります。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、搾るようにすると、より多く除去できます。腎臓病を患った方が行う食事療法のポイントは、腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、健康体のキープとされます。透析導入前の保存期の方であれば、食事療法を手掛ける事で腎不全が進行しないようにできますし、透析導入を遅らせることができます。加えて、透析を始めても、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、食事療法は重要視されます。腎臓病疾患に罹ると糸球体が損傷を受けるので本来通り血流が成されずに、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内で増加し始めます。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症を起こす火種となったり、ナトリウムの増加で高血圧を併発する可能性が上がります。そのため食事療法では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を体内に供給しつづける事がもとめられます。浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、塩分のみでなく水分の調整ももとめられます。このような場合、飲み水だけにあらず、食品中に含まれる全ての水分が該当します。浮腫そのものが無い或いはそこまで酷くない場合塩分の制限のみ行う事となります。こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量等総合的に踏まえて医師が適切な数値を出します。脱水になるとかえって腎臓の機能低下に繋がるので自分勝手な制限はしてはいけません。