腎臓病・頻尿改善にはクレアギニンEX!!

腎臓病クレアギニンEX

クレアギニンEX腎臓

クレアチニン値が高く出てしまったら? クレアギニンEXで頻尿対策もOK!

腎機能とクレアチニン値

健康診断で「クレアチニン値が高い」という結果が出た場合、腎機能の低下が疑われます。

そもそもクレアチニンとは、クレアチンという成分の代謝によって生じるものです。
クレアチンというのは筋肉中にある、身体のエネルギーを生み出すために用いられる物質で、エネルギーを取り出した後の老廃物がクレアチニンだと理解しておけばいいでしょう。

クレアチニンは身体にとって不要な物質なので、基本的に尿として排出されます。
血液中から身体に必要なものと不必要なものを分別し、尿を作るのが腎臓の役割ですから、腎機能が衰えれば分別が十分に行われなくなります。

その結果、血液中に不要なものが残ってしまいます。
これが、血液検査でクレアチニン値が高く出てしまう理由なのです。

クレアチニン値が高いと何がダメなの?

クレアチニン値の高さは、腎臓の機能低下を疑わせます。
では、腎機能が低下すると何が問題なのでしょうか?

 

血圧などの調整が不十分に

血管内部の圧力を、血圧といいます。わかりやすく言えば、血管の中から外へと押す力です。
たとえば自転車のチューブに空気をたくさん送り込むと、パンパンに膨らみます。これは圧力の高まった状態です。逆に空気が足りないとチューブは萎みますが、これは圧力が低い状態と言えます。

血管も同じように、たくさんの血液が狭い血管を流れれば圧力が高まり、少量の血液が広い血管を流れれば圧力が低くなるのです。

腎臓は、体外へ水分と塩分の出す量を調整することによって、血液の量も調整しています。
しかし、その調整が効かなくなると、浸透圧を一定に保つために血液中の水分量が増え、血圧が高くなります。
それにより、血管の壁にダメージが加えられてしまうのです。

 

老廃物の排出の支障

腎臓には網のような器官があります。
ネフロンという単位のこの器官によって、血液はろ過されます。
このプロセスにより、必要な成分を再度吸収し、不要物は尿として排出されるのです。

腎機能が低下すると、塩分や老廃物といった不要物が十分にこし取られなくなるため、尿が薄くなります。
つまり、放尿一回あたりに排出できる不要物の量が減るわけです。

結果として、身体は尿の回数を増やすことで不要物の排出量も増やそうとします。
こうして腎機能の低下は頻尿に繋がるという問題もあります。

クレアチニン値がどれくらいなら「高い」の?

クレアチニン値には、基準値というものがあります。
この基準値を超えていれば「高い」と判断され、腎機能が低下している可能性が出てきます。

具体的には、クレアチニンの基準値が男性0.65~1.09、女性0.46~0.82(mg/dL)であり、男性であれば1.00、女性であれば0.75を超えている場合には、クレアチニン値が高いと判断していいでしょう。

健康診断でこれらの数値よりも高い結果が出ている場合には、腎臓病もしくはその予備軍だという心配をしたほうがいいでしょう。

クレアチニン値を下げるために気をつけたいこと

クレアチニン値を下げるためには、何よりもまず腎臓に負担を掛けないようにすることが大事です。

 

タンパク質に要注意!

卵や鳥のささ身などから摂取できるタンパク質は、プロテインとも呼ばれるように、私たちの血肉を作るための大切な栄養素です。

ところがこのタンパク質には、一つの問題があります。
それは、分解されてエネルギーが取り出される際に、毒素が出てしまうことです。
出てきた毒素は腎臓でふるい分けられ、尿として排出されますが、このふるい分けの過程で腎臓に負担が掛かってしまうのです。

そのため、タンパク質を必要以上に摂ってしまうと、腎臓にダメージを与えることとなります。

 

塩分も摂り過ぎは禁物!

塩分(ナトリウム)もまた、身体にとって大切なものです。
塩分は私たちの身体を形作る細胞の、内外の圧力を調整することによって、栄養素の吸収をきちんと行えるようにしています。
さらに、身体を動かす際に脳から発せられる電気信号を伝える媒介となるのも、塩分(ナトリウムイオン)です。

ただ、塩分を摂り過ぎると血圧が上がってしまうため、やはり腎臓によって適度に排出されます。
この際に、腎臓に負担が掛かるのです。

 

バランスに気をつけよう!

タンパク質にせよ塩分にせよ、重要なのは摂り過ぎず、かといってまったく摂らないのもよくないという点です。
どちらも生命活動には必要ですが、多く摂り過ぎることが腎臓への負担となります。そのため、バランスが大事なのです。

重要なのは、自分自身の現状に合わせて、1日でどの程度のタンパク質や塩分を摂れるかを把握し、1食ごとにどれだけのタンパク質や塩分が含まれているかを確認することです。
許される摂取量から逆算して、どれほど食べても大丈夫かをチェックすることによって、摂り過ぎを防ぐことができます。

腎臓は一定線を超えて悪くしてしまうと、自然に治ることはありません。
したがって、食事制限には手抜きや休みが許されないのです。

食事制限にプラスしたい取り組み

食事制限は、腎臓に掛かる負担を減らすために行うものです。
つまり、腎臓がこれ以上悪くなるのを食い止めるための方法であり、積極的に治していこうというものではありません。

しかし、特に軽度の腎臓病や腎臓病予備軍のような場合、現状を維持するだけではなく、より健康となることを目指したいものです。

そこでおすすめしたいのが、食事制限に加えて次の取り組みを行うことです。

 

軽めの有酸素運動

まず、軽めの有酸素運動をするという方法です。
身体には自己修復機能が備わっており、そのための動力源は栄養素です。
栄養は血液に含まれて身体の隅々へと運ばれるので、血流を良くすることが大事といえます。
軽めに身体を動かすことで血の巡りは良くなり、腎臓にも栄養が行き渡ります。

ただし、激しい運動をすると筋肉中のクレアチンも活発に代謝され、かえってクレアチニン値が高くなってしまうので、注意が必要です。

 

サプリメントの摂取

次に、腎機能の回復効果についての研究が進んでいる「ノコギリヤシ」という成分の含まれたサプリメントを摂る方法があります。

ノコギリヤシとは、ノコギリパルメットとも称される、北米の南部に自生するハーブです。
脂肪酸や植物ステロールが豊富に含まれ、薄毛の予防や前立腺肥大への効果に加えて、クレアチニン値を改善する作用があるとされています。

このノコギリヤシが潤沢に含まれているサプリとしておすすめなのが、クレアギニンEX。
クレアギニンEXには、ノコギリヤシ抽出エキスが、1粒あたりたっぷり200mg配合されているのです。

また、クレアギニンEXには、ほかにも頻尿や尿漏れに効果を発揮するペポカボチャや、血管を拡張して血圧を下げ、腎臓の負担を軽くするL-シトルリンといった成分が含まれており、腎臓にやさしいサプリメントといえます。

  

クレアギニンEXについて

原材料は以下の通りです。

ノコギリヤシエキス・オリーブ油・カボチャ種子油
しじみエキス・スピルリナ・カキエキス
L-シトルリン・ニンニク・スッポンオイル
プラセンタエキス・マカエキス・ヘマトコッカス藻色素
金時ショウガ・オタネニンジン・冬虫夏草エキス・植物発酵エキス
パイナップル加工品・ウコン・ギムネマエキス
桑葉・長命草・黒酢エキス・昆布フコイダン
ヒハツエキス・ゼラチン・グリセリン
γ-トコフェロール・ミツロウ・乳化剤
(原材料の一部にオレンジ・キウイフルーツ・バナナ・リンゴ・大豆・ごま・カシューナッツを含む)

内容量は1箱60粒(1日の目安量2粒)で、約1ヶ月分。
お値段は、通常価格:6,300円(税別)で、送料・手数料別となっています。

ただし、期間限定キャンペーン価格で、初回は1,980円(税別)なのに加え、送料・手数料無料サービスとなっています。2回目以降も4,980円(税別)と20%もお得です。

頻尿や身体の怠さといった症状に悩まされている方は、食事制限だけではなく、このようなサプリを試してみるのも手でしょう。

クレアギニンEXのまとめ

腎臓病は厄介な病気で、頻尿や目まいなどの症状だけではなく、慢性化することで完治不能になるというおそれもあります。
それだけではなく、食事制限も続けていかなければならず、苦労される方は多いものです。

そこで、腎機能のサポート効果を求めてクレアギニンEXを飲めば、元気が湧いてくるのではないでしょうか。
クレアチニン値が高く出てしまったという方は、食事制限や運動にとどまらず、ぜひクレアギニンEXをお試しください。